経済・政治・国際

あれから一ヶ月経って

4月1日にあの災害を「東日本大震災」と呼称することに決まったらしいけれど。

一昨日、都知事選の帰りにコンビニに寄った。看板の明かりは相変わらず消灯されているのだけれど、食品や雑貨は棚いっぱいに陳列され、ようやく見慣れた『日常』が戻ってきたなあと実感。
あの静かなパニックから一ヶ月かかってようやく…ね。
物がたくさんあるのを見て安心した後、「宮城や福島はどうなんだろう?」と思ってとても後ろめたい気持ちになった。

東京電力の原子力発電所が放射能漏れ事故を起こして以来、放射能への恐怖と一緒にずっとこの『後ろめたさ』を感じ続けている。
だって福島にある原発は東京に電力を供給するためのものなんでしょ?
私たち東京都民は、彼らの頬を雇用と補助金で叩きつつ、自分たちの使う電気を貢がせてきたんだよね。
福島の人たちの苦難は、事実からずっと目を逸らしてきた自分にも責任があるんじゃないか。

そんな気がしてならない。

昨夜、そして今朝もまた福島で大きな地震。東京でもゆらりゆらりと長く続く揺れを感じた。
正直、怖い。
いまだ避難所で生活している方たちが、どれほど恐ろしい思いでいるかを考えると胸が詰まる。ニュースには地震に怯えて泣く避難所の子供が映っていた。
電気・ガス・水道すべてそろっている自宅でテレビを見ている自分が、あの子にどんな声をかけられるっていうんだろう?

もう「段階的に原発廃止」とか悠長なことを言っている段階じゃないんじゃないのか。

『想定外の』地震や津波がいつ来るかわからないって、私たちは経験したじゃないか。

自分の中で、日本の技術力に対する信仰みたいなものがあったのは事実。
だから今回の原発事故も割とすぐ解決してくれるだろうって思っていた。…なんの根拠もなく。
でも実際はどうだ。
一ヶ月過ぎてもまだ終息の兆しが見えないじゃないか。

原子力みたいに“消せない炎”を弄んじゃいけなかったんだと、今は思ってる。

目に見える風景はそう変わらないけれど、私が生きているのはもう3.11以前とは全然別の世界なんだ。

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ