パソコン・インターネット

iTunes Matchについて考えてた

WWDC以来、ずっとiTunes Match(がもたらすもの)について考えてた。
これでもレコード業界の隅っこでお給料頂いてますからね。

年間$24.99(¥2,600くらい?)をAppleに支払うと、レンタルCDから取り込んだ.mp3でも「正規に購入した物と同様に」扱われる…というライセンス形態。
月額にしたら¥217程度、着うた1曲より安いじゃないか!
アンダーグラウンドで入手した「音楽」を安い費用で合法化する手段。しかも高音質AAC/DRMフリーのデータに自動でアップグレードされるおまけ付き。おぉなんて太っ腹なミュージック・ロンダリング。
でもiTunes Matchにお金を払うユーザーは、たぶん今までも「音楽にお金を払ってきた」人達だろうと思う(個人的印象)。だからこれは、彼らが(おそらく今後も絶滅しない)「音楽にお金を払わない」人の分まで“広く薄く”負担する仕組みなんじゃないかしら。根拠はないし、本当にただの印象なんだけど。
ノブレス・オブリージュ。今後も音楽業界の救世主たらん事を。

一方Appleと契約したレーベル各社にとってみると、所謂“違法データ”を一部分とはいえ収入化するルートが開通した事になる(“善良な”ユーザーが肩代わりしてくれたお金が、Appleを経由する事によって…という但し書きは付くけれど)。ハレルヤ!

逆に考えてみる。
Appleと契約しなかったレーベルには、これから先も1円すら入ってこない。ずっと違法データがネット上に流れているのを指を咥えて見ている他ない。
なるほど、これならあのSMEですら乗っかる訳だよなー。

凄い事考えついたな、というのが印象。
しかし…。
Appleはこの壮大なプランで何を得るのだろう?

iTunesがネット上の音楽(映像)流通プラットフォームとして盤石なものになれば、当然親和性の高いMac/iPad/iPhoneのシェアも高まるのだろうな、とは容易に想像できる。
でも社名からわざわざ「Computer」の文字を抜いたAppleにとって、それが重要な課題なんだろうか。

Apple社の人間が考えている「10年後の日常」ってどんな世界なんだろう。

WACOM Bamboo Stylusを買ってみた

1306814079471.jpg
スタイラスペンと言ったらここでしょう。(ブランドに弱いな私は)
iPadなら絵が描けそうだ…というのは、初代の頃から思ってたんですけど、「指で絵を描く」ってのがどうも馴染めなくて。
なので、スタイラスペンで良いものは無いかなとぼんやり探していたのでした。

パッケージの中に入っているのはペン本体と取説だけ。不満はありませんが、スペアのペン先(…で良いのだろうか?)くらいは入ってると嬉しかったかな。

1306814088799.jpg
持った感じはこんなんです。
長過ぎず、短か過ぎずの絶妙な按配。思ってたより軽くて、これなら疲れないかな。
いかにも日本製品らしい高精度なパーツは持っていて嬉しいですね。初めてステッドラーのシャーペンを買った時みたいな高揚感が。

モレスキンのリポーターバッグを使ってみた

1306241315803.jpg

「5/20から一部店舗で先行発売!」と煽られたら買わずにいられなかった私。
普段からなるべく手荷物は減らしたいと思っていたにもかかわらず、いつの間にやらiPad2がレギュラーメンバーに加わってしまったので(笑)手頃なサイズのカバンを探していたのでした。

モノはモレスキンらしく、シンプルでしっかりしたつくり。大きさはA4の書類を入れるのにぴったりなサイズ。内側にはジッパー付の小さなポケットがひとつあるだけという素っ気なさ。同社のメモをここにどうぞって感じのサイズですね。
革はたいへんソフトで手触りもよく、上質な感じですよ。使い込んでいくとどんな味が出てくるんでしょうね。
厚みと云うか、マチが無いので収納量はあまりないです。「アレもコレも」というタイプの方には不向きかと。
私はサンワサプライの「GRID-IT」A4サイズを同時に購入して、小物はこれに貼り付けております。

1306241317073.jpg

なかなか良い感じ。でもこれとiPad2、財布に入稿証を入れたらもう満員な感じです。
もう少し容量があっても良かったかなー…。

1306241317857.jpg

あとは、デザイン上フラップを被せてしまうとカバンの中にアクセスしにくいので、定期券程度の小物をひょいと出し入れできる外付けポケットが欲しかったかな。

目立たないポイントだけど、底面が樹脂成型されているので、床に置いても自立します。これは意外にありがたい。

何だかんだ言いつつ、実は結構気にいってる(笑)ので、しばらくは使い続けるつもりです。

ココログ アプリがバージョンアップしていたので

ちょっと試しにいじってみてます。
うむ。着々と高機能化してきてますね。「なにもできない」よりは色々できた方がそりゃ嬉しいんだけど…。
いたずらに機能増やして使い難くなるよりは、シンプルでも操作フィーリングを大切に開発を進めていただきたいなあ。
あと、一時保存したエントリーをサーバー側に保存できないかな。
パッと思いついた文章をiPhoneアプリに書き留めて一時保存しても、家に帰ってブラウザから編集できないんだよねー。iPhoneで書き始めたらiPhoneで公開するところまでしなくちゃいけないのは、ちょっと残念ポイントかと。

人は予想と合致する情報を集めてしまうバイアスを持っている。

国立情報学研究所助教授・小林哲郎氏の言葉

人が情報処理を行うには、「動機」と「能力」が必要だ。震災で人は不安を感じているので動機は高まっているが、原発や津波の専門知識を持っている人は少ない。つまり、多くの人は能力に欠けている。
ネット上では、情報の真偽についてツイッターで多くの人に読まれている「有名人」の意見を手がかりにする傾向が強い。「有名人」が間違った情報を発信すれば、デマが拡散する。真偽をどのように判断していくかが問われている。また、人は予想と合致する情報を集めてしまうバイアスを持っている。「見たいものしか見ない」状況が生まれやすく、情報源に偏りが生じる場合もある。
危機感の強い人の発言ばかりを読んでいれば「危機的な状況」と判断してしまいがちだ。ネット上の意見分布の認知の偏りには大いに注意すべきだ。

―以上、3/19 読売新聞より転載。

自分の心理状態をずばり言い当てられたようでヒヤリ。気をつける。

moshi teragloveを使ってみた

マイクロファイバー製のモニタクリーナー。ポケット状の部分に指先を入れて使う。
これだけで乾拭きしてもじゅうぶん綺麗になるのだが、アトマイザーのようなちいさなボトルが付属していて、水(水道水でOK)をシュッと吹いて軽く湿らせてから画面を拭くとさらに効果的。
気に入った。
いままでずっとトレシーを使ってきたけれど、今後はこれで。

moshi teraglove [テラグローブ]

もうApple “Computer” じゃないんですから…

昨日銀座のアップルストアに行ってきました。
『Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム』でもって、不具合のあったiPhoneのアダプタを交換するためです。
…10月13日お昼過ぎの時点で、交換用の新品がもうありませんでした。…えええぇぇぇ! たった2日でなくなっちゃったの?
多くのユーザーがネットから申し込むと踏んでいたのかもしれませんが、店舗あたりの準備数について、ちょっと見積もりが甘すぎたんじゃないでしょうか。

ストア店員さんの対応はとても親切でした。
あからさまに不機嫌な顔をしてしまったのは大人げない姿勢だったなぁと反省しています。
申し訳なさそうに謝ってくれた店員さん、こちらこそごめんなさい。君が悪いわけじゃないんだよ。

Google mapのストリート・ビューが楽しい

自宅近辺と会社の周辺を見てみました。
普段見慣れた風景も、WEBから360度継ぎ目無しで見られるとなると、想像以上に楽しい体験です。

もの凄い技術が使われているのだろうなぁ…。それを無料で公開してしまうんだものなぁ…。

Googleはもう、誰も対抗できないはるか彼方のレベルまで行ってしまった気がします。

仕様準拠ってそんなにたいへんなのだろうか?

インターネットブラウザで圧倒的なシェアを誇るMicrosoft社の「Internet Explorer」。
私の会社のWebサイトでも、訪問者の90.31%が「IE」利用者。次いで「Firefox」が約6%、「Safari」が約2%という順番で並んでいます。

Web標準に則って、CSSでWebページのレイアウトを組むようになってから、ブラウザ…はっきり書いてしまえば「IE」の方言に悩まされ続けています。もうなにしろ独自仕様が多くて! Firefox、Safariで検証して問題ないページがIEだけうまく表示されない。しかも同じIEでもバージョンによって仕様の解釈が違うってのはどういうことなのよ!?
 『以前まで独自仕様でご迷惑かけましたが、バージョンアップによってW3Cの仕様に完全準拠しました』というなら、開発者のスタンスとして理解できるんですけど。
CSS化で確かにページごとのデータ量は劇的に減ったし、作業効率が上がったのは確かです。でもIEの独自仕様を回避するために、「IE専用のスタイルシートを書く」というステップがひとつ増えてしまいました。

いくら「フランス語は世界一美しい言語だ!」と主張したところで、世界中のほとんどの人が英語を喋る今、『国際標準語』として通用しないのは当然の話。
だから私は、今日も世界の片隅で黙々とIE専用のスタイルシートを書くのであります。

improvisation

会社員として社内で『Webデザイナー』という肩書きを持っていると、問答無用で余裕の無い仕事を振られることが多くあります。

「今日から展開する交通広告と連動したページを作ってくれ」というリクエストを、突然言ってきたりする宣伝マンがいます。交通広告というものは掲出期間が厳密に決められているので、期間中(長くて1週間)にページができあがっていなければ無意味なWebページになってしまいます。いきおい他の仕事を全部放り出しての突貫作業に突入となるのですが…。そんな調子の宣伝マンですから何のビジョンもないし、当然ながらたいした素材があるはずもありません。
ここでテキトーなページをでっち上げると、一方的に下がるのはWebデザイナーとしての私の評価。会社として「ダサイWebページ」を公開することになるのは、愛社精神の乏しい私であってもやっぱり面白くない。で、七転八倒した挙句、人様にお見せしても恥ずかしくないよう、なんとか体裁を整えてページを公開するわけです。
「ありがとうございま~す」と言い放って宣伝マンが帰ってしまった後、ようやく私は本来今日やるべき仕事に取り掛かることができるのです。

じっくり計画的にプロジェクトを進めたいタイプの私ですが、このような環境で何年も鍛えられたおかげで、だいぶアドリブに強くなりました。厳しい条件でも、文句を言ったり言い訳を考えている間に手を動かせば、案外なんとかなってしまうものです。

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ