« WACOM Bamboo Stylusを買ってみた | トップページ | ブラック・スワンを観てきた! »

iTunes Matchについて考えてた

WWDC以来、ずっとiTunes Match(がもたらすもの)について考えてた。
これでもレコード業界の隅っこでお給料頂いてますからね。

年間$24.99(¥2,600くらい?)をAppleに支払うと、レンタルCDから取り込んだ.mp3でも「正規に購入した物と同様に」扱われる…というライセンス形態。
月額にしたら¥217程度、着うた1曲より安いじゃないか!
アンダーグラウンドで入手した「音楽」を安い費用で合法化する手段。しかも高音質AAC/DRMフリーのデータに自動でアップグレードされるおまけ付き。おぉなんて太っ腹なミュージック・ロンダリング。
でもiTunes Matchにお金を払うユーザーは、たぶん今までも「音楽にお金を払ってきた」人達だろうと思う(個人的印象)。だからこれは、彼らが(おそらく今後も絶滅しない)「音楽にお金を払わない」人の分まで“広く薄く”負担する仕組みなんじゃないかしら。根拠はないし、本当にただの印象なんだけど。
ノブレス・オブリージュ。今後も音楽業界の救世主たらん事を。

一方Appleと契約したレーベル各社にとってみると、所謂“違法データ”を一部分とはいえ収入化するルートが開通した事になる(“善良な”ユーザーが肩代わりしてくれたお金が、Appleを経由する事によって…という但し書きは付くけれど)。ハレルヤ!

逆に考えてみる。
Appleと契約しなかったレーベルには、これから先も1円すら入ってこない。ずっと違法データがネット上に流れているのを指を咥えて見ている他ない。
なるほど、これならあのSMEですら乗っかる訳だよなー。

凄い事考えついたな、というのが印象。
しかし…。
Appleはこの壮大なプランで何を得るのだろう?

iTunesがネット上の音楽(映像)流通プラットフォームとして盤石なものになれば、当然親和性の高いMac/iPad/iPhoneのシェアも高まるのだろうな、とは容易に想像できる。
でも社名からわざわざ「Computer」の文字を抜いたAppleにとって、それが重要な課題なんだろうか。

Apple社の人間が考えている「10年後の日常」ってどんな世界なんだろう。

« WACOM Bamboo Stylusを買ってみた | トップページ | ブラック・スワンを観てきた! »

iPhone」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213735/51915144

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes Matchについて考えてた:

« WACOM Bamboo Stylusを買ってみた | トップページ | ブラック・スワンを観てきた! »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ