« 覚書 | トップページ | 震災でメディアはどう評価されたか »

人は予想と合致する情報を集めてしまうバイアスを持っている。

国立情報学研究所助教授・小林哲郎氏の言葉

人が情報処理を行うには、「動機」と「能力」が必要だ。震災で人は不安を感じているので動機は高まっているが、原発や津波の専門知識を持っている人は少ない。つまり、多くの人は能力に欠けている。
ネット上では、情報の真偽についてツイッターで多くの人に読まれている「有名人」の意見を手がかりにする傾向が強い。「有名人」が間違った情報を発信すれば、デマが拡散する。真偽をどのように判断していくかが問われている。また、人は予想と合致する情報を集めてしまうバイアスを持っている。「見たいものしか見ない」状況が生まれやすく、情報源に偏りが生じる場合もある。
危機感の強い人の発言ばかりを読んでいれば「危機的な状況」と判断してしまいがちだ。ネット上の意見分布の認知の偏りには大いに注意すべきだ。

―以上、3/19 読売新聞より転載。

自分の心理状態をずばり言い当てられたようでヒヤリ。気をつける。

« 覚書 | トップページ | 震災でメディアはどう評価されたか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213735/51245832

この記事へのトラックバック一覧です: 人は予想と合致する情報を集めてしまうバイアスを持っている。:

« 覚書 | トップページ | 震災でメディアはどう評価されたか »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ