« トゥモロー・ワールド | トップページ | 研修資料作成 »

いい加減「バーチャル込みの現実」が前提にされるべきではないか

以前から楽しみに読ませていただいているブログ、「Tech Mom from Silicon Valley」の記事に、とても素晴らしいものが投稿されたのでリンクさせていただきました。そもそもはハリウッドで映画ライターをしておられる、はせがわいずみさんという方のインタビュー記事だそうです。インタビューで語られている今敏監督の考えにつよく賛同します。ぜひご一読あれ。

青少年の犯罪が起きるたびに、やれ『ゲーム脳』だの『ネット脳』だのとヒステリックに騒ぐ識者の意見にはうんざりです。もうそろそろ新時代のコミュニケーションについて、冷静に考えましょうよ。
私は、携帯・インターネットというふたつのツールに対して、「ひょっとしたら人類のコミュニケーションを新しいステージに連れて行ってくれるものかも知れない」と期待しています。相応の英語力が必須だと思いますが、やろうと思えば世界中の人と語り合える時代なんです。

戦争や貧困、解決しなくちゃならない悲しい出来事もいっぱいありますけど、これからはもっと良い時代になるはずです。私たちの世代が、意識して楽観的であることには意味があると思うのです。

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 研修資料作成 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213735/15276923

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減「バーチャル込みの現実」が前提にされるべきではないか:

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 研修資料作成 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ