« パプリカ | トップページ | 祝!∀ガンダムMG化 »

フリクリ

★★★★☆

リリースが始まった時から気にはなっていたんですが、いつものようにものぐさ癖が出て今まで未見。なんか当時サブカル色を前面に押し出した広告が鼻についた覚えはあります。「この作品、オシャレですよ」みたいな。そういうの、どうも恥ずかしくて…。今回DVD-BOXが発売されたのを機に、気になってたことだし、価格もそれなりだし、購入&視聴、と。
…結果、「しまった! なんでリアルタイムで観とかなかったんだろ俺」と後悔することしきり。面白いです、この作品。サイバーパンクSF・少年の成長物語・萌え・パロディ、その他もろもろのゴッタ煮。

確かにサブカルっぽいビジュアル要素はイッパイありました。小物のディティールへのこだわりとかね、ガイナックスらしいです。でもそれはあくまでスパイス。私は「コドモが思春期を迎える頃の物語」と解釈しました。最初はぶっ飛んだ世界観に口あんぐりでしたが、上記のように解釈すると、するっと飲み込めちゃったんですね。しかもかなり上手な仕事であったと思えます。時速100kmでバイクを飛ばしながら詩を呟いているような感覚。

主人公ナンダバ・ナオ太の造形が繊細で、とても今時のコドモっぽく見えます。そう、小学六年生の頃って、ナオ太くらい世の中や周囲の大人たちのことが見えていたし、フィジカルな意味で具体的ではないけれど、異性への興味はあったと思うんですよ。大人のだらしなさとか嘘が見えちゃうから批判的にはなるんだけれど、そのだらしない大人に依存しなくちゃ生きられない子供な自分の姿も見えている訳で。多分人生で初めて“鬱屈”という気分を知る頃だと思うんですよ。その気分の演出がとても上手でしたね。くどくどしないし。ナオ太が煮詰まってると、すかさずハル子がギターでぶっ飛ばしちゃうから(笑)。でも私はサブキャラクターのサメジマ・マミ美にとても惹かれました。のほほんとした喋り方の一見バカっぽい女子高生が、実はどうしようもない孤独を抱えてたりしてね。マミ美のやりきれないダークサイドが、すごく魅力的。アブナいのだろうか?私ってば。

高密度&猛スピードで展開するストーリーを追いかけるだけでも、十分に楽しい良作ですよ。

« パプリカ | トップページ | 祝!∀ガンダムMG化 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213735/15234608

この記事へのトラックバック一覧です: フリクリ:

« パプリカ | トップページ | 祝!∀ガンダムMG化 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ