« 自分への戒め | トップページ | フリクリ »

パプリカ


★★★☆☆


秘かに日本一の監督と信じている今敏カントクの最新作。劇場鑑賞券を頂いていたのですが、ちょうど公開時に忙しかった&もともと出かけるのが嫌いな性格で、ついに劇場では未見。この度ようやくDVDにて鑑賞いたしました。先ほど観終わったところですが、…正直ちょっと首をひねっております。

原作者である筒井康隆さんの小説は、恥ずかしながらひとつも読んだことがありません。食わず嫌い…という訳でもないのですが、私の周りにいる筒井康隆ファンって、どうもこう、信者というか、なんでもマンセーな感想しか語ってくれないので、かえってちょっと引いちゃったっていうか…。閑話休題。要するに、原作を知らず、「映画」としてだけの感想になりますので悪しからずご了承ください。


「あいかわらず上手いなぁ…」と思いながら観ました。場面の構成やシーンの組み立てなど、演出技術は冴え渡ってます。冒頭の「It's the greatest show time!!」という宣言から後は、今監督お得意の虚実入り交じった世界が展開していく訳です。(演出論的な)人物もよく描けているし、アニメーションの技術もすごい。トレーラーで繰り返し観ていた「夢の行進」なんてそりゃもうすごいですよ。終盤のパプリカのあのシーンなんて、固唾を呑むほどエロいし! …ですが、どうも見終わった後カタルシスがないんですよ。なぜなんだろう…? 前作「東京ゴッドファーザーズ」の奇跡的なほど素晴らしいクライマックスを思い出すと、やはり首をひねってしまうのです、私は。こういう「絵としての面白さ優先」の作品は、劇場で観ないと真価が分からないのかなぁ。

どうも失礼ながら、今監督のスタイルに原作の題材が合ってなかったのではないかという気がします。いや、身もフタもない意見だとは思いますが、どうもそんな気がするのです。とても論理的な傾向の強い人が、無理矢理感覚的な映画を撮ろうとしたような…。「ここをこう繋ぐと破綻するよな、じゃあやってみよう」的な感じです。

…我ながらアタマの悪い感想ですね。すみません。ということで、大好きな監督さんなんですが、本作については星三つです。


蛇足ながら、DVDご購入をお考えでしたら、多少お高いですけど「デラックス・ボックス」をお薦めします。752ページもあるストーリーボード・ブックが付いてますから。今監督のストーリーボードは非常に内容が濃く(…というか、解像度が高く)、演出意図を探る上でも大変良い副読本になるでしょう。

« 自分への戒め | トップページ | フリクリ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213735/15221328

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« 自分への戒め | トップページ | フリクリ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ